スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望月智充・関根昌之「MISSION SCHOOL」

http://www.nhk.or.jp/digista/review/070322_review.html#no2
本編は埼玉県川口市のデジタルSKIPステーションが運営するSKIPシティチャンネルに掲載されている。↓
http://www.skipcity.jp/channel/ani/asx/ani_mission_ajia_480x360.html

MOKA☆さん
(さらい屋 五葉など望月智充さんが監督したアニメーションの劇伴を何度か担当している)
の既存の楽曲を元に望月智充さんが監督した自主制作アニメーション。
作画は関根昌之さん。(MOKA☆氏のブログより。)

落ち着いた雰囲気がいいですね。
主人公の女の子の視点で描かれてるけど、ちょっと客観的というか、
回想しているようにも感じられて。


自主制作ということですがスタッフ的にはほとんど亜細亜堂の方で固められていますね。
関根さん以外の方も原画で参加されているのでしょうか?
セリフ無しのPV的なスタイルやスタッフの類似でどうしてもトゥモロウズソングを思い出してしまって、仲澤崇仁さんも参加されているような気がしてしまいます。
本編2分59分あたりの、涙?を手の上で転がしてから握るカットと次の泣き出すカットなどは特に仲澤崇仁さんが描きそうな感じに見えますし…
ms

























本編の最後のスタッフクレジットには
「graphic designed by MASAYUKI SEKINE」とあるので
関根さんの担当は「キャラクターデザイン・作画監督・美術設定」ぐらいかなとは思うんですが。
キャラクターデザインは、鼻の描き方や頭身などは「絶対少年」や「クプー!!まめゴマ」などの作品と似ているから間違いないし、おそらく水彩を使っていると思われる背景美術も、
「トゥモロウズソング」(関根さんは美術設定を担当)や
「くじびきアンバランス(2期)」のEDと良く似ているし。

望月監督が「主人公の目を70年代風にした」とコメントしてるけど
作品全体的に70年代風に見えました。
特に本編3:36辺りの談笑する女学生3人ところとか。

70
スポンサーサイト
プロフィール

yoyori

Author:yoyori
亜細亜堂ファン
参加作品リストは転載可です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。