スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんが日本昔ばなし「るすが岩」

rsgiw
















演出:小林治 文芸:沖島勲 美術:千葉秀雄 作画:柳田義明

悲しい話。
キャラクターはもちろんとして、デフォルメの効いたエフェクトも良かった。特に波。
まんが日本昔ばなしは検索すればすぐ見れるので是非。
スポンサーサイト

ヒックとドラゴン

「ヒックとドラゴン」(原題:How to Train Your Dragon)を観に行きましたー。

飛行シーンすごかった!
トゥース(ドラゴン)の仕草は変に記号化されず、
リアルな生き物として感じられて良かった。

他のドラゴンとの区別がはっきりとされていたなあ。
ヒック父子のギクシャクしたコミュニケーションはリアルで笑えた。
ただ、自分は吹き替え版を観たのですが、ラストのセリフにちょっと違和感が。
「ペット」という表現は違うような…


監督は「リロ・アンド・スティッチ」のChris SandersとDean DeBlois。
お二方は映画のキャンペーンで6月に来日されていたみたいで、
Chrisさんご本人のブログにその記事が掲載されています。
(リロはここ最近までずっと食わず嫌いしてた作品なのですが、
いざ観てみたら良くって。とてもエネルギッシュなアニメーションでした。
手足の大きいキャラクターは存在感があって大好き。)


クレジットを眺めていたら、
キャラクターデザインに、"Takao Noguchi"という日本の方が。
どのキャラクターを担当しているかは後述のTheArtof~を
読まないと分からなさそう。
IMDbでフィルモグラフィーを見た限りだと、

「FINAL FANTASY:The Spirits Within」以外は
ほぼ海外の作品に参加されているみたいですね。
アニマトリックスにも!
海外の3DCG映画に参加されている日本の方だと、
トイストーリー3の堤大介さんが有名ですね。
CGWORLD9月号にインタビューが掲載されてました。


他に気になるところとしては、
"James Baxter"がAnimatorとして参加していました。

「美女と野獣」のベルの"supervising animator"(日本で言えば作画監督?)を
担当している方です。
↓こちらのブログでは他の作品などで彼が担当したシーンのラインテストが見れます。
http://www.penciltestdepot.com/search/label/James%20Baxter

自分が知ったきっかけは「魔法にかけられて」のアニメパートですね。
今まで観たディズニーヒロインで一番かわいい!と、観た当時は大変でした。(笑
いや、他にもすてきなヒロインはいっぱいいますけど。
ノートルダムの鐘のエメラルダとか…
(Tony Fucileの描く女性は独特の色気があって好きです。
手描き版「Mr.インクレディブル」とか観てみたかった!)

カンフー・パンダでは冒頭の2Dアニメーション(FLASHで制作?)を担当してましたが、
今回はそういった特別なシーンはなかったので
おそらく本編の3DCGアニメーションの担当かと。担当箇所が気になります。



エンディングで流れたjónsiの"Stick&Stone"がかなり良かったので、
調べてみたらSigur Rosのボーカルの人でした。さすがです。



エンディングには手描きのラフ画が使われていて、それがまたかわいいかった…
一応メイキング本の"The Art of"シリーズは出ているんだけど日本語版がないのが辛いところ。
ドリームワークス作品は今のところ翻訳版は一冊も出ていないはず…
カンフー・パンダのとかもすごい欲しいんだけどなー
それに対してピクサー作品の"The Art of"シリーズの翻訳版は
スタジオジブリから、出版されているんですよね。
まあでもいずれ買ってしまいそうですが。英語の勉強と思えばいいかな(笑



The Art of How to Train Your DragonThe Art of How to Train Your Dragon
(2010/03/02)
Tracey Miller-Zarneke

商品詳細を見る

みんなのうた 「トゥモロウズソング」 月刊アニメージュ2005年9月号 P155「今月のおすすめ」より転載

”今月のおすすめ
「トゥモロウズソング」
都会の片隅で展開する、ある夏の物語。親子のきずなを歌った爽やかな生活劇だが、
その奥には一筋ではいかないドラマが感じられる。
社会と家庭を等価値にとらえる視点は、おだやかでかつ厳しい。
監督は望月智充さん。「カゼノトオリミチ」から2度目の登場である。
今回も、日常風景を切り取るセンスは抜群。
「シンプルなアレンジのロックが好きなので、何度か聞いてとても気に入りました。
また作画の仲澤崇仁さんは、若くてとても才能のあるアニメーター。
彼のスケジュールがうまく合ったのが幸いでした」と語る。
仲澤さんは本作がキャラデザ初体験。さらに洒脱な背景の担当は、
なんと「絶対少年」の総作画監督・関根昌之さんだとか。
望月さんもその意外な腕前に驚いたと言う。
母子が心を通わせるとき、すべての障害は消え失せる。
彼らの幸せな時間が続くことを、心から願う。”

バレエアニメ



しゅごキャラ#6

視線がちゃんと指の先にあるし、タイミングも自然。
練習着のレオタード姿なので、飾りの多い衣装を動かす必要もなく
その分の時間を体の動きに回せたのかなぁ、と妄想。

ゲストキャラの子の髪型が、前髪までまとめられているのもリアルで良いですね。

山下明彦氏関連書籍情報のまとめ

雑誌

・月刊OUT1987年11月号 
表紙イラスト 
・月刊Newtype 1987年7月号
機動戦士ガイア・ギアchapter4 イラスト



・月刊アニメージュ 2000年7月号vol.265
版権原画「ストレンジドーン」見開き2P
・月刊アニメージュ 2000年9月号vol.267
設定資料FILE vol.30「ストレンジドーン」6P

・電撃アニメーションマガジン 2000年8月号 
版権原画「ストレンジドーン」見開き2P

ストレンジドーン設定資料 見開き2P 
アニメージュのほうがボリュームはある。
が、AMに載っていない設定も僅かながら掲載されていた。

CharacterDesigner'sRoom第16回 見開き2P 
インタビューとイラストが一点。ご本人の写真も。内容はストレンジ~参加の経緯など。注釈がかなり充実していて、ミニ「この人に話を聞きたい」とでも言うべき濃さ。


書籍

・ストレンジドーンSP ソニー・マガジンズノベルズ刊 
表紙イラスト 本文の挿絵は担当していない。
・Mask the Red 赤影 天の巻 角川スニーカー文庫刊
表紙イラスト、カラーページ(4P)、本文挿絵(計8P) 
・万能!ゼロ艦隊 スーパークエスト文庫 小学館

・The Art Of TALES from EARTHSEA (ゲド戦記)

インタビュー イメージボード ラフスケッチを収録
アニメ本編とはまた違った、柔らかなタッチで描かれたキャラクターの表情が見れる。
本編には存在しない、ドラゴンのアクションシーンのイメージボードも見ごたえあり。
かなりおすすめ。
・ロマンアルバム崖の上のポニョ
作画監督座談会
リサカーを描くにあたって、カリ城を参考にした話など。
プロフィール

yoyori

Author:yoyori
亜細亜堂ファン
参加作品リストは転載可です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。